HOME >> 大阪中崎町物語

大阪中崎町物語

 

地名が無い?

大阪市北区・・・と住所表示があるのはどこでもあたり前なのに中崎町という表示が無いのにみんな中崎町という不思議な町について語りたいと思います。
中崎町と呼称している正式町名は中崎1丁目中崎2丁目.中崎3丁目.中崎西1丁目.中崎西2丁目.中崎西3丁目.私の住む中崎西4丁目.山崎西.万歳町と合わせて9町あるのですよ!
しかも我々地元は中崎地区と呼ばずに済美(セイビ)地区と呼ぶこの不思議さはミステリーと言うほかありませんね。
地元テレビや雑誌などマスコミに大注目されているのにこれは変ですよ。
私は中崎町に生まれ育ったわけですから当然中崎地区と呼んでいきたく思っています。
古い長屋や町工場のたくさん残る昭和レトロ町=中崎町
これから少しづつお話していきますね。

 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

古い町並みには木製看板が似合う?

先日から看板用の切文字依頼が続いております。老松町に新しく開店をされたマジツクショップバニーの石川オーナーより店看板及び切文字を依頼していただき続いて珈琲座という老舗の喫茶店の切文字
を依頼していただきました。切文字と言っても1文字500ミリ角位もある大きな文字ですから迫力あります。老松町は言わずと知れた骨董店の集まっている歴史ある街。こうした町並みに似合うような木製の切文字を作らせてもらうと嬉しいですね。中崎町は古い町ですが長屋や商店や民家やらが集合していて何屋か分からんのがいいのかも知れません。ちなみに弊社は木箱屋ですが建物からはきっと木箱屋とは思えないと思います。だって体育館のような建物ですから(笑)


 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

長屋って人気あるよ。

若い方たちが地元の不動産屋に長屋空いてませんかっていう問い合わせがひっきりなしにあるそうです。私は隣の話し声まで壁を通して聞こえてくる長屋は好みでは無いですが希少価値なんですかね。
昭和レトロの代表みたいな顔つきしてるし、匂いさえそんな感じやし、大阪独特の三軒長屋は間口も
広いし喫茶店や雑貨屋の商売するのにうってつけやもんなあー。せやけど隣に人が住んでる場合も
多々有りやからご迷惑かけんよう頼んまっせと言いたいです。でも長屋再生は大阪再生の一端を担ってるんかも知れへんなあ・・・・。

 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

町会の活動

中崎町は古い町ゆえに町会が各町ごとに存在します。正式には振興町会と言って府政や市政の連絡やら防犯.交通安全などの各ボランティア活動など結構忙しいんです。おとといから夜間の防犯活動として地元の防犯委員の方々が夜から火の用心で巡回されていました。ホントにご苦労様です。会社や商店主の方は通いの方が多くて夜中はいらっしゃいませんが、こうしたボランティア活動があってこそ治安が維持されているのです。それゆえに是非共、町会には加入していただきたいものです。
諸先輩方が築き残してこられた良い伝統やしきたりは後世に引き継いで行かねばなりません。

 ©MAEDA CRAFT all right reserved.

RSS 2.0 ATOM 0.3

お問い合わせ先

MAEDA CRAFT 前田製箱株式会社
本社・工場・ショールーム・ショップ
〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西4丁目1番26号(大阪市地下鉄谷町線「中崎町」2番出口より5分)

営業時間 8:30~17:00
(日・祝 休日、土曜日 不定休)

TEL:06-6371-2771
FAX:06-6371-2743

お問い合わせメールフォームはこちら